« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

横浜・元町~山手、中華街春節パレード(祝舞遊行)を撮る (その1)

晴れ、のち曇り、深夜になって嵐なのかな?
台風並に発達した低気圧の接近の影響で日中は春のようなポカポカ陽気で、外歩きしてもコートいらないくらいでした。

先週の土曜日(2月24日)は久しぶりに横浜へ。
中華街・春節2018パレードの撮影するのが目的です。

お昼過ぎに現地に到着できたのですが、パレード始まりの16時には少し時間があいたので、ちょっとカメラをぶら下げて山手の異人館をぶらぶら巡りしました。

撮影に使ったカメラはオリのE-400、レンズはパナ・ライカのLEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5 ASPH. 。

思えばデジカメで撮影するようになったのは、オリンパス・Fotopus写真講座PhotoArtistでE-620をお借りしたのがきっかけです。

その時知り合った仲間とは以来、写真活動でいろいろおつき合いが続いています。

縁とか運っておもしろいですね〜、そんなことを思いながら山手界隈をぶらぶらスナップ。

でも、先週の現場立会の影響か、腰が痛くて痛くて、立っているのも辛くなったので早々に切り上げてしまいましたが…。

180224e400_0029bl

180224e400_0083bl.jpgl

180224e400_0099bl

180224e400_0151bl

『横浜スナップ』 Olympus E-400 / LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5 ASPH.

まずは元町~山手まで、外人墓地脇の坂道を上って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人よりネコが多い「青島」全匹に不妊・去勢手術をするらしい

晴れ、今日はそれほど寒くありませんでした。

2月もあと1日を残すばかり、明後日からは3月です。

つらつらとWebでニュースを見ていて気になった事が1つ。
そのニュース本文はこちら(元のソースは愛媛新聞ON LINE)

『猫の島』は、人間の数より猫の数の方が多いと言われている瀬戸内の離島です。

実際には青島の人口は13人、それも75歳以上の高齢者が全てだそうです。

個々最近では猫らの愛らしい姿を目当てに旅行客が日本のみならず、世界中から訪れています。

しかし先に上げたように、島は高齢者しか生活しておらず、多くの猫らの世話もままならない状況ということで、今回の決断に至ったそうです。

猫らを去勢してしまえば、緩やかに猫の数が減少し、10年も立たないうちに猫が一匹も住まない島ができあがることになります。

このことについてWebでは様々な意見が飛び交っているようですが、賛否両方の意見が飛び交っています。

賛成意見は、

島に住んでいるのが高齢者13人だけだと、餌やりや糞尿のしまつもままならいので、猫の数が減ればその負担を軽減できるし、近親による交配で障害のある猫が生まれてしまうのを防ぐことに役立つ、といったもの。

反対意見は、

人の都合で猫を去勢し生物の繁殖を制限することは、人の独善的な行為であり、許しがたいといったもの。

私としては簡単には結論が出せません。

ただし、島の住民や猫のことを考慮すれば、去勢による数のコントロールは必要かもしれません。

猫たちは長い時間をかけて島の住民たちと共生して生活してきました。

また、住人らも、そんな猫たちとの穏やかな生活を望んでいるではないでしょうか。

なので私的には、去勢を徹底させるのではなく、ある程度コントロールすることで、猫の数をあまり増やさないようにすることが現実的かと思います。

路上生活は厳しいし、危険があふれています。

猫たちに餌を与えるだけでなく、ワクチン接種したり、病気の猫を治療することも必要です。

あとは『猫が住む島』を観光資源としてより価値あるモノにするため、島を訪れる観光客向けに交通機関や観光施設の整備もひつようです。

このあたりは行政やNPOの活躍を期待したいですね。

いずれにしても、島の住民、猫たち、島を訪れる観光客が皆幸せになれるように知恵を出し合って貰いたいものです。

180224e400_0129bl

『何か用あるのかニャ』 Olympus E-400 / LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5 ASPH.

横浜・元町から山手に向かう坂道脇の茂みで見かけた猫さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜の午後、ミニシアターで猫映画を観る

曇り。
気温はそれほど低くはありませんでしたが、日差しが無い分、肌寒い一日でした。
 
今日は特別用事も無かったので、午後から家の近所の阿佐ヶ谷ユジクで映画を観ることに。
私が観たかったのは、『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』。
実はロードショー見逃していたので観たかったのです。
 
大体のあらすじは、

ドラッグのせいで親に見放され、ロンドンでプロのミュージシャンを夢見るも叶わず、路上演奏しながら明日をも知れぬ日々を送っていた主人公ジェームズの元へ一匹の茶トラ猫が現れる。
 
かれはその猫をボブと名付け一緒に生活を始めるのだった。
ボブと共に生活するようになってから、偶然や必然に彼にささやかな幸福を与えられ、生きる希望とチャンスをもたらす。
拾った猫に救われて、どん底だった生活より自分の意思で脱出しようとする主人公の行動には感動させらる。
 
実話ということですが、ジェームズが幸運だったのは、彼の周りには彼を支えてくれる人がいたということ。
 
最初はそのことに気づかず、孤独だと思いこんでいたのが、ボブと一緒に生活するようになって、人との交わり、縁と運を再認識し、新たな生活を始める一歩を踏み出せたことだと思います。

ボブを演じた茶トラ猫、可愛らしかったですよ。
所々に猫目線の映像を入れた落ち着いたカメラワークもGood!でしたよ。


阿佐ヶ谷のミニシアター・ユジク阿佐ヶ谷 ニャンてかわいい!ネコ映画特集やってます。
猫好きの方も、そうでない方もどうぞ。
今週、3/2金曜日まで。
Wp_20180225_13_50_58_probl
 
Wp_20180225_13_51_18_probl
「阿佐ヶ谷ユジク 『ニャンてかわいい!ネコ映画特集』 Windows10mobileスマホにて撮影 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニャン・ニャン・ニャンと『2』が並ぶ2/22は猫の日

曇り、時々雨。
今日は霙も混じった雨が降ったりで、肌寒い一日でした。
 
ニャン・ニャン・ニャンと『2』が並ぶ2/22は猫の日ということで、FBやInstagramなどのSNSでは、猫に因んだ話題や写真・動画で溢れてましたね。
 
でも、2月22日が猫の日というのは日本だけのようです。
 
Wikiで調べてみると、
 
日本における猫の日は、愛猫家の学者・文化人が構成する猫の日実行委員会が一般社団法人ペットフード協会と協力して、「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」という趣旨で1987年に制定した。
2月22日を“猫の日”として、猫に関する各種のイベントやキャンペーンが行われるほか、猫に関する啓発活動も行われる。
2月22日が選ばれた理由は、猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募によって決定した。
International Cat Day (World Cat Day) は、2002年に国際動物福祉基金 (International Fund for Animal Welfare) が8月8日に定めた。
 
とあります。
いずれにしても猫大好きな人たちによって祝われている日なんですね。
 
今は空前の猫ブームということで、犬よりも猫の方が人気だそうです。
でも、捨て猫や虐待、ペットショップ・ブリーダでの売れ残った殺処分等のニュースも頻繁に見られます。
人間の身勝手な振る舞いで、不幸になる猫達は何万匹も存在している事実があります。
 
単純に可愛いね、みたいなことだけで無く、どのように猫たちと共存していけるか考えてみる、そんな記念日になっていくと良いですね。
 
130407gx1_0004bl
「人の子らよ、我を崇め奉りたまえ」  Panasonic GX1 / Panasonic Lumix 20mm F1.7
猫の日ということで、我が家の猫様、「ライン」にも御出まし願いました。
今日はいつにも増して、威張った顔してますね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7年前の自作PCのメンテナンスを行う その2

晴れ。
朝方は冷え込んで寒かったですが日差しもあり日中は寒さも収まりました。

今の自作PC(7年もの)が不調になったので、清掃とケーブルと接点の挿し直し、CPUクーラーのシリコングリス再塗布などの軽メンテナンスだけにするか、いっそのこと主要パーツ(CPU、マザーボード、メモリ、HDDorSSD交換)全とっかえで改造するか思案中。
あまり予算をかけたくないため、なかなか踏ん切りがつきません。

ちなみに現在のPCの主要パーツはLGA1156のMSIのマザーボード、Core i5 750のため、これより後の世代のパーツとは互換性がありません。

約1年で新しい規格が発表されてしまったため、中古パーツが割高です(涙)。

使い回せるパーツはケース、BD/DVDRドライブ、1.5TB HDD、HD5450ビデオカード、DDR3-1066/1333メモリくらい。

用途としては今の液晶テレビ(AQUOS 50インチ)をモニター代わりに、Webで調べものしたりYoutube見たり、BD/DVD見たりするくらいです。

またiTunesで音楽聞いたりといったところです。ゲームは全くやりません。

まずは不調な症状から調子の悪いパーツを探し当てないといけません。

完全に起動しないとかだったら意外と壊れたパーツを探し当てるのは簡単です。

しかし、なんだか調子が悪いみたいな症状だと見極めの難易度は上がります。

個人的にはメモリーが怪しいと思っているのですが、切り分けが難しいです。

軽メンテナンスで動作が安定すれば、あと1年は使い続けることができるかな、とも思っているのですが……、さてさてうまく復活させることができますかね〜。

180215epl1_0045bl

「梅は咲いたか 桜はまだかいな」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5

梅の花の香りが清々しかったです。仕事帰りに、芝公園にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展・美術展雑感 2月17日

晴れ、時々曇り。

今日は本来なら仕事が休みだったのですが、仕事でトラブル発生したため、急に出社することになりました。

要件はすぐに解決したので、速攻で会社を後にして写真展を観にでかけてきました。

一つ目は、ルーニィ247 ファインアーツバルバラ・ルイージ(Barbara Luisi)Akt. Ageless beauty」。

樹齢1000 年を超えるオリーブの大木と、歳を取った人物らのヌード。

「若いオリーブの木が良い実をつけるためには、樹齢の高い老木が必要。植物にも社会があるのです。 人間も同じ。」 とバルバラ氏の言。

老人の顔・身体に刻み込まれた皺と、オリーブの太い幹のごつごつ感、うねる枝の様子とが対比されたモノクロ画像が美しいプリントでした。

ジョーゼットに印刷されたモノクロプリントも雰囲気あって素敵です。

こんど自分の作品でも試してみたいですね。

2月25日(日)16時まで。

二つ目は、同じくルーニィでジャック・サル(Jack Sal)の「Photography & Technology」。

ポラロイドSX-70で撮影されたヌード。

1978年に撮影されたポラロイド作品の色調は、40年の時を経ることによって、撮影当時とは異なった、まるで熟成されてきたワインかのような風合いを醸し出しています。

また、そのプリントの乳剤面にクラックが入りっているため、歴史的な絵画のようです。

時間が作品を作るということを体現している写真を鑑賞できる素晴らしい展示でした。

3月11日(日)16時まで。

三つ目も同じくルーニィで、「KnowSnowNorthノウスノウノース -北の作家たちー 」石川久美子(陶芸)  滝花保和(現代アート)  遠山陽太郎(彫金/ジュエリー)。

北海道で活躍されている参加さんによるクラフト展です。

明日18日(日)16時まで。

4つ目は、アイアイエーギャラリーで「第一回ダラダラ撮影写真展 」。

伊藤浩一、 大浦タケシ、 尾関雄志、 河田力也、 木村高大、 虎穴順壱、 武石修、 野村浩行、 伴和憲の 9人によるスナップを展示した写真展。

18日(日)17時まで。

5つ目は、JINEN GALLERY– fragments - 若手4名の版画展」。

岡田 育美、 常田 泰由西平 幸太渡邊 加奈子の版画作家4人による現代版画展。

JINEN GALLERYは、小伝馬町に来た時には必ず立ち寄ることにしているギャラリーです。

ちょっとわかりにくい場所ですが、上質な現代美術の展示をされているギャラリーだと思います。

今回は若手の版画家による、個性的で多種多様な作品で、版画もなかなか素敵だなと思わせられた展示でした。

180217epl1_0335bl

「あっ、猫だ~」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5

おたぬきさん』が祭られている神社で猫さんを発見。柳森神社にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!1000回投稿、これからも書き綴っていきますよ

晴れ、時々曇り。

今日は朝は比較的暖かでしたが、お昼くらいから雲が急に出てきたあと、冷たい風が吹き出し、外にいると肌寒かったです。

この投稿でブログが1000回投稿となりました。
一番最初に投稿したのは2008年9月29日。
F1についてさらりと書いていましたね。

今もモータースポーツは好きですが、F1は地上波で放送されなくなって久しいのと、日本人ドライバーもいなくなり、メーカーで参戦しているのはホンダのみ、と寂しい限りです。

なので今はもっぱらWEBで情報を拾ったり、YouTubeで動画を楽しんでいます。

あと1ヶ月もすると2018年のシーズンもスタートします。

そろそろ各チームから新車発表のニュースも聞かれる頃ですね。

昨シーズンはめちゃくちゃ評価を落としてマクラーレンから三行半下されたホンダですが、トロ・ロッソのシャーシで面目躍如となるか楽しみです。

ブログ始めるまでは日記も付けてなかった自分ですが、よく続けてこれたなと、我ながら関心してます。

約10年間、ブログ続けてきて、読み返してみるとが書かれていることをとほとんど忘れていたことが驚きでしたが、あらためて思い返してみる良い機会になりました。

地味に書き綴っている個人ブログですが、飽きっぽい私がよく続けることができたと、我ながら関心しています。

次の1000回目指して、写真やアートを中心に、日常生活で感じたこと、出来事などいろいろ書いていきたいです。

希望としては、もう少し読者さんが増えてくれるともっと嬉しいのですが。

今年からはココログを利用してオフィシャルHPぽいものを作成しました。

他のSNSとの連動も取り組んでいく必要がありますね。

そして私の制作している写真を会場まで観に来てくれるお客さんが増えてくれるのが一番の希望でもあります(笑)。

これからも読者の皆さんに有意義な情報も発信していきますよ。

180131epl1_0013bl

「あっ、猫 (=^・^=)!」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7年前の自作PCのメンテナンスを行う その1

曇り、時々晴れ。

夜になってから1時間ほど雨が降り出しましたね。

突然の雨だったので、塾帰りの娘のために駅まで傘を持って迎えに行きました。

3連休一日目、旅行に出かける予定もないので今日は家でゴロゴロと過ごすことに。

久しぶりにまとまった時間ができたので、自宅で使っているPCをメンテナンス。

現在3台のPCと1台のファイルサーバ2台が稼働しています。

内訳はメーカー製ノートが3台、自作デスクトップPCが1台、メーカー製ファイルサーバ1台、自作ファイルサーバ1台。

この内、自作デスクトップPCが殊の外調子悪いのでいっその事、腹を開けて大手術しようと思っていたところでした。

こいつは今から7年以上も前に自作したPCで居間で液晶テレビに接続して使っていたものです。

ハードの構成はと言うと、

  • CPU ---- インテル Core i5 750
  • マザーボード---- MSI  H55M-P33
  • メモリ ---- ノーブランドDDR3 4GB×2
  • HDD ---- ST31500341AS (1.5TB SATA300 7200) 
  • ビデオカード ---- SAPPHIRE HD5450 512M DDR3 PCI-E VGA/DVI-I/DP
  • ドライブ ---- Pioneer DVR-116DSV
  • ケース ---- Micro Fusion Remote 350 
  • OS ---- Windows 7 Professional 64bit DSP版 

今となったらチープなスペックですが、居間で調べ物したり、BD/DVD観たりするには不自由ありませんでした。

それがこのところ、BD/DVDが再生できなくなったり、ネットに繋がらなくなったり、突然電源が落ちたりと、動作不安定になってきました。

そろそろパーツとかが寿命なのかもしれませんが、メンテナンスすれば使えそうなら使い続けたいと思っています。

お金もあまりかけたく無いので、交換が必要なパーツはジャンクで済ますつもり。

さてさてどうなりますか。

さすが溜まりに溜まった7年分の塵と埃。

すでに触るのが嫌になりましたよ。

180208epl1_0083bl_2

「黄色い壁」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KONICA IIB-mを引っぱりでしてスナップ

曇り、時々晴れ。

極端に肌寒くはありませんが、風があるせいか外歩きして少し立ち止まると手が冷たくなります。

三連休最終日、午後から少し外に出て写真をとることに。

カメラは防湿ケースの中に長らく眠っていたKONICA IIB-m型。

このカメラは今から60年以上も前のカメラで、

  • 発売年:1957年 • 販売台数:20,000台
  • 発売価格:22,500円
  • レンズ:ヘキサー 45mm F3.5(ダブルヘリコ イド式沈胴ではありません)
  • シャッター:セイコーシャMX B、1~1/500、 M及びX接点付

IIA型の普及型でレンズが45mmなのは、カメラ販売当時は撮影スタイルがスナップ主流で、コニカが45mmという準広角レンズを採用したものと思わます。

また先行のIIBと同じように、IIAにあった切り替えダイアル 位置にIIBmと刻印された円盤が貼られています。

カメラの重さは約650gほど。
このカメラ吊り環がないため、ストラップをつけて首からぶら下げることができません。
当時は革製スナップケースに入れて使用されていたものと思われますが、今となっては携行には大変不便ですね。

裏蓋の開閉はユニークで、底部のつまみを起こして矢印を“O”の位置に矢印を合わせて、つまみを倒すと裏蓋が開きます。フィルムを装填したあとは蓋を閉めて“C”の位置に矢印を合わせてロックします。
これを忘れると不用意にカメラを置くと蓋がパコっと開いて、フィルムを感光させてしまします。

私も慣れるまで何度も撮影済みフイルムを感光させてしまいましたよ。

シャッターはレンズ横のレバーでチャージし、巻き上げノブの横にシャッターボタンでシャッターを切ります。

フィルムの巻き上げは右側の丸いノブを左回転すると1カット分巻き上がったところで止まります。

全ての撮影が完了したら左側の丸い信を右回転させて巻き上げるのですが、フィルム36枚撮りを巻き上げると指が痛くなります。

このあたりはクランク式の巻き上げノブの方が使い勝手良いですね。

今日撮影に使ったフィルムはAGFA vista plus400(36枚撮り)とネオパン 1600 SUPER PRESTO(27枚撮り)。

どちらも既に生産終了品です。

防湿ケースの奥に仕舞われていてフィルムで、私も何時買ったのか全く記憶がありません。

そんなフィルムで撮影するほうもするほうですが、怪しいフィルムで撮影したら面白いモノまで写っているんじゃないかな〜、と期待しながらスナップして回りました。

とりあえず全てのカットを取り終えて明日現像に出すつもりです。

どのように写っているか楽しみではありますね。

180212epl1_0063bl_3

「餌やる人」   Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展雑感 2月11日

晴れ、時々曇り。
今日は暖かで過ごしやすい休日の一日でした。
日曜日の午後、所用があり秋葉原、新宿まで。
 
用事を済ませた後、少し時間が有ったので、新宿西口のオリンパスギャラリー に寄りました。
 
私はゴルフは全くやらないため、選手とかも殆ど知らないのですが、それでもスポーツニュースとかで見たことのある、トッププロらの写真が美しく大伸ばしされたプリントが展示されていました。
 
スポーツ写真はある意味、究極の職人芸だと思います。
 
動く被写体を超望遠レンズで、それも決定的瞬間をジャストピントで撮影されるのですから、関心させられます。
 
競技しているプロのちょっとした仕草や緊張がすっと解けた瞬間を見逃さずに撮影しているのが興味深いです。
 
また、ゴルフコースは美しいのですね。
人の手がしっかりと入って整備されたコースの美しさも見とれてしまいました。
 
クリエイティブウォールでは櫻井 寛「アサヒカメラ鉄道写真特集 表紙&グラビア写真展
 
鉄道写真も私の守備範囲ではありませんが、ジャンルとしてはとても人気がありますよね。
私の知り合いも何人も鉄道を追っかけて撮影してます。
 
列車の機能美、外の景色とのマッチング、どれも美しいプリントでした。
あんな写真が撮れるのなら、ゴルフやったり、列車を追っかけたりで、日本全国、海外まで撮影しに行きたくなりましたよ。
 
180212epl1_0025bl
 
「Suicaロッカー」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5 
最近のロッカーはコイン使わなくてSuicaでピッなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝! 『猫写真』でInstagramフォロワー やっと300人達成

晴れ、今日も関東地方は良い天気に恵まれました。

日本海側の大雪もやっと落ち着いてきたようで、今日は気温が上がり天気予報では雨とのこと。
雪は多少融けてくれるでしょうが、反対に雪崩や屋根からの落雪、雪融け水による冠水とかが心配ですね。

田舎で生活していた子供の頃は、両親や祖父母に「屋根下には決して近づかないように」と注意されたものです。

2016年4月26日に初めて写真をアップしてから、本日2018年2月9日時点でInstagramのフォロワーがやっと300人達成。

180209_instagram

私のInstagramはこちらから

投稿303件、フォロワー300人、537人をフォロー中、1枚写真をアップすると110〜130件ほどイイネがつくようになりました。

モノクロの猫写真、それも特別かわいらしい写真でもないし、ドラマチックなシーンで猫たちを撮影しているわけでもありません。

しかし、それでもこつこつ続けてきたお陰で、見ず知らずのお客さんに自分の撮影した写真を見ていただけるのでは、純粋に嬉しいものです。

これからも自分の生活圏で見かけた猫たちの写真を発表し続けていきたいですね。

180207epl1_facebookphotoup

「Rockな洗濯物」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5  

中野坂上の工芸大から中野駅まで歩いたときのスナップショット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展雑感 2月8日

晴れ、今日はだいぶ寒さが緩んでやや暖かい一日でした。
立春を過ぎ、これから一日一日ゆっくりとですが暖かな春に近づいていくのでしょう。

暖かな日差しに誘われて、仕事を午後早めに切り上げて少し街撮りしながら写真展を観に出かけました。

まずは新宿で途中下車、西口のギャラリーを周りました。

一つ目はニコンTHE GALLERY 新宿1・2でフォトシティさがみはら 2017 プロの部入賞作品展

過去から現在まで、たんたんとしながらも、しかし単純な記録写真だけでない未来に向かって時間の流れを感じさせれれる展示でした。

どれも骨太でリアリティのある入賞作品だと思いました。

二つ目はリコーイメージングスクエア新宿でGorazd VilharさんJapanese spirit 日本の精神(心意気)とはるふぉとクラブ花撮影・はるふぉとクラブ第1回写真展

『Japaniese spirit』は日本の祭りや伝統行事を、外国人の視点でシンボリックな形や色を写真で切り取った展示で、とてもユニークなものでした。

『花撮影』は四季折々の花草木を美しく撮影された展示でした。

クラブのメンバーは多分、私よりも年上の女性ですが、精力的に楽しみながら撮影されているのがよく伝わってきました。

3つ目はエプサイトで塩原 真澄さん果物を育てて

塩原さんご自身が育てられている果実を、まるで植物図鑑のイラストを描くように写真を撮られて、プリントされているのが印象的でした。

私の記憶違いでなければ、以前、御苗場で出展されていたのを観て、塩原さんと作品について会話したのを思い出しました。

とてもユニークだったので、「プリント自体や額装とかにも嗜好を凝らした是非個展で観たい」、といったことを話したように思います。

このあと、中野坂上までてくてく歩きました。最後のお目当ては母校の東京工芸大・写大ギャラリーの人間写真家 細江英公

写真学生時代からこれまで、なんども細江英公の作品を観てきましたが、何度観ても凄さが伝わってくる写真でした。

細江英公の写真は、一貫して被写体との関係性から紡ぎ出された物語性の強い作品です。

作品が制作された当時の時代背景もあるのでしょうが、現代の薄っぺらなアートフォトとは一線を画する真性の「アート」だと思います。

写真学生時代は不勉強な生徒で、細江先生の授業もサボりがちでしたが、それでも先生のナマの講義を受けることができたのは私にとって素晴らしい経験でした。

「男と女」「薔薇刑」「鎌鼬」などの展示をみながら、そんなことも思い出された写真展でした。

180209epl1_0087bl

「黒い外套の女」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5  

西新宿から中野坂上まで歩いたときのスナップショット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のスナップショット

晴れ、時々曇り。

東京は良い天気ですが、北陸地方、特に福井が雪で大変なことになっています。

国道8号線が雪渋滞で1000台以上が8時間も立ち往生しているそうです。 田舎で生活していたときは8号線を時々走りましたが、通行量も多いし除雪もちゃんとされているので、ここまで酷い雪渋滞は見たことがありません。 今年の雪は一体全体どうしたのでしょう…。

今日は仕事で早朝から現場立会があったため、早起きして出掛けました。

普段は遅めの出勤なので、イレギュラーに朝早いとかなり身体に負担がかかります。
緊張している間は良いのですが、本番を終えてひと息つくと、急に眠気に襲われ、今日はホント辛かったです。

でも、いつもと異なる時間帯で外歩きできたので、あまり経験したことの無い風景を体験できるのは新鮮ですね~。

少しだけですが、写真も撮ることができたので、たまには良いですね。

 
180208epl1_0005bl

「阿佐ヶ谷駅 6時13分」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5
私には非日常な風景なも、他の人達には日常なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎は大雪で大変らしい

晴れ、良いお天気でしたが気温はあまり上がりません。

冬型の気圧配置が強まっているようで、私の田舎、石川県は昨日から大雪なようです。
地元の友人たちのFBを見ると一晩で60cm以上も積もったそうです。

また、ジャカルタに海外赴任している友人は、ついてないことに帰国して明日、富山入りしないといけないとのこと。

鉄道は運休してるし、道路は凍結中、難儀なことです。

長いこと雪の殆ど降らない東京で生活していると、こないだの雪でもうんざりなので、雪国には住めませんね。

実家には歳をとった両親が健在なので、被害が大きくならないといいですね。

東京は先日の雪も殆ど溶けてしまい、日陰にほんのちょっぴり残っている名残りみたいなのが見られるだけです。

同じ日本なのにエライ違いです。

180205epl1_0111bl

「サイクリング、サイクリング」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5  

日曜の午後、高円寺をKonica Hexanon AR 28mm F3.5でぶらりスナップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『K O W A I I 展』を観ました

曇り、時々晴れ。
日差しがあるとけっこう暖かったですね。
 
今日は月曜、一週間の始まりです。
今週は月末業務とイベントとかで仕事が少し忙しいので、合間を縫って撮影や人の展示を観ないといけません。

夕方、お客さまのところからの帰りに、銀座新井画廊で少し道草。

以前、版画を購入した石川真衣 さんの作品を含む企画展『K O W A I I 展 vol.VIII 』を観ました。

石川さんのリトグラフもすてきでしたが、「かわいい」をキーワードに多才な作家さんが出展されていました。

たまにはジャンルのことなる作家さんによる展示を観るのも、自分の凝り固まった認識を融解させるのに役立ちますね。

展示は2月10日(土)17時まで。

180205epl1_0097bl

「日曜日の青空」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5 

高円寺で見上げた青空に、目を凝らすと小さな小さな飛行機が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展・美術展雑感 2月4日

曇り、時々晴れ。
土曜日よりは幾分暖かくなりましたが、まだちょっと肌寒いかったです。
でもひところよりは寒さも緩んで、外出するには助かります。

今日は休みで、前々から観に行かないとと思っていた展示をまとめて観て廻ることに。

一つ目は、国立新美術館 (六本木)で開催中の第22回日仏現代国際美術展を観てきました。

何度か作品を拝見している波多正木さんが委員優秀賞を授賞されています。
波多さんとは以前、竹林館で行われていた『切断芸術展』で作品を拝見した際に知り合いになりました。

個展や東美で行われた『切断芸術展』でも作品を拝見しています。
今回受賞された切断芸術の延長上の作品です。

もともとスクエアなキャンバスに描かれた画を対角線で裁断し、上のパートを回転させて再接合したアート作品。

視覚認識の斜め上から既成のイメージを打ち砕いている、予想外な視点で創造された感じの作品でした。
2月5日(月)14時まで。


二つ目は、最終日にぎりぎりで第10回ゴミゼロ倶楽部写真展(新宿区西新宿 新宿エコギャラリー)を観ることができました。
ゴミゼロ倶楽部は、「フォーサーズ規格」及び「マイクロフォーザーズ規格」のデジタルカメラ(オリンパス/パナソニック)を使うユーザーの集まりです。

写真のジャンルも風景、動物、植物、スナップ、ポートレートと多岐にわたります。
この写真展は年1回、新宿エコギャラリーで開催されてます。
私もオリンパス/パナソニックカメラユーザのため、それらのカメラで制作された展示に興味があります。
今年も見知った作家さんともお会いでき、 どれも素敵な展示でした。

3つ目は、オリンパスギャラリーで宿区西新宿のオリンパスギャラリー東京で、太田淳一「写真展覧会」、Jun着る写真展「GALLARIA (ガラリア)ー花広場ー」を観ました。
こちらは知り合いの女優 兼田玲菜さんから誘っていただきました。
しかし、今日の夕方6時から会場で兼田さんのパフォーマンスも有ったのですが、時間が合わず展示のみ拝見しました。
写真以外に写真データを元にテキスタイルデザインされた生地で作られた洋服やスカーフなども展示されており、一風変わった写真展でした。
2月7日(水)15時まで。


180205epl1_0355bl

「新宿中央公園の猫」  Olympus E-PL1 / Konica Hexanon AR 28mm F3.5 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また雪が降るのか

曇り、のち雨、遅くなって雪
今日は一日天気悪くて、湿った感じの肌寒さでした。
天気予報だと今晩から明朝にかけて都心部でも数センチ積もるかもと天気予報で言ってましたが、さてさてどうなりますか。

ようやく家の周りの雪が溶けてきたのに難儀ですよね。

私の実家のある石川県の輪島市では連日の厳しい冷え込みのため、水道管が破裂して町中が断水で困っているそうです。

ウチの実家は水道が止まっても井戸水や山から引いた簡易水道があるため、飲み水とかは困らないのですが、お手洗いの水が使えないのが大変とのこと。

私が子供のころ、今から40年以上も前は汲取式だったのですが、今は水洗化されたせいで、断水すると不便な事限りないそうです。

今はバケツで汲んで来た水をトイレの貯水槽に入れて使っているとのこと。

年寄りな両親には骨が折れる労働ですね。

父は「雪も根雪になっているし、こんな厳しい冬はここ数十年でも経験無い」と言ってました。

2月に入り、まだまだ厳しい寒さが続いているので、両親の健康状態も心配です。

早く暖かな春が訪れてほしいものです。

180127epl1_0181bl

「二人の関係」  Olympus E-PL1 / KONICA HEXANON AR 50mm F1.4

友だち同士なのか、赤の他人なのか、微妙な距離感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »